2017年3月11日土曜日

あの日から6年・・・

畠山です。

2011年3月11日・・・
そして今日、2017年3月11日。
あれから6年経ちました。

(東日本大震災写真保存プロジェクトより)
 
 
 
あの日まであった「おはよう」「いってきます」「ただいま」「おやすみ」という日常、
先人達が長い年月をかけて作り上げてきた街は一瞬にして無くなりました。
 
あの日は自分(人間)の無力さを痛感した日でした。
 


死者:1245名
行方不明者:218名
(2017年2月末現在 市発表)

今日も海岸では大規模な捜索活動が行なわれます。
1人でも多くの方が家族のところへ帰れるようにという思いを持って、
全国各地から訪れた多くの人達が捜索活動を行います。
本当にありがとうございます。


震災では多くの方々との別れを経験しましたが、震災後には多くの出会い
を経験しました。

気仙沼市以外から多くの人達が気仙沼市を助けにきてくれました。
しかし、時が経つにつれてその人達との別れもあります。
一緒に復興に向けてがんばってきた仲間がいなくなるのは寂しいですね。
でも、一度できたつながりは無くなる事はありません。
また、気仙沼に遊びにきてほしいと思います。




 
 
今日の新聞の一面には市の中心部の航空写真が使われていました。
復興に向けて進んでいるということを感じさせてくれます。
 
 
しかし、写真では写すことのできない「不安な心」を抱えてがんばっている人も
沢山います。
 
 
みんな本当にがんばっています。
 
 
 
 



地元の新聞(三陸新報)には「未来へ輝く笑顔 震災後に生まれた子供たち」
ということで子供達の笑顔の写真が載っていました。

気仙沼市の現在の人口は6万5762人(2月末現在)

今後、少子高齢化が進み人口が減っていくという中で子供達は本当に宝物です。







これから長い道のりを歩いていく子供達。

色々な出来事があると思いますが、自分の道を歩いていってほしい。




まとまりのない文章となりましたが、被災地とよばれている場所では
まだまだ皆様の力を必要としています。
特別なことではありません。
ただ来てくれるだけでいいです。
楽しんで、美味しいものを食べて、泊まっていただくだけでいいです。


私たちはお客様が楽しんで「また来るよ」といっていただける街になるように
みんなで知恵を出し合ってがんばっていきます。

「心をひとつに」・・・震災時に使われていた言葉です。
震災当時はまさに「心をひとつに」乗り越えてきました。

震災から7年目に突入します。
復興が進んできて当時と置かれている立場が変わり「心をひとつに」が
難しくなってきている場面も出てきました。

今日という日にもう一度あの時の「心をひとつに」を思いだし、進んで
いきたいと思いました。

「がんばろう気仙沼」、「がんばろう日本」、「がんばろう皆さん」、「がんばろう自分」


もういちど原点に戻って前向きに進んでいきたいと思います。








 


2017年3月1日水曜日

語り部シンポで、語り継ぐ仕掛けが話題に!

はっしーです。

2月26日、27日に、「第2回全国被災地語り部シンポジウム in 西日本」が開かれました。
会場の淡路夢舞台国際会議場には約430人が集い、「震災の教訓を未来へ語り継ぐためにどうするか」、を熱く語り合いました。
 
 
 26日には、仙台空港から伊丹空港まで飛び、世界最長という明石海峡大橋を渡り、会場入り。
 

  
五百旗頭誠真(いおきべまこと)・ひょうご震災記念21世紀研究機構理事長は、基調講演で、
「被災者を見捨てない、順繰りに支えたい。地震で「何が起こったかを記録し、将来に伝えたい」と話した。

全国から集まった、震災語り部関係者の交流は拡大する一方で、貴重なアドバイスで溢れています。
 
南三陸ホテル観洋の阿部憲子女将が、世界の共通語として「カタリベ」を広げたい、と提言したほか、被災地に来た人が「第2の震災語り部」となれる、との発言も出ました。高齢化している現状を踏まえ、高校生に伝えているとの取り組みも紹介されました。「1億総語り部」にすべきとの意見もありました。このシンポは、来年以降も継続されます。
 

野島断層帯は、淡路島の北西部海岸を走り、北へ延びている。江崎灯台近くの階段途中が約1m右にずれている (左側写真が東日本大震災前の写真で、右側が震災後の現状写真)。


野島断層保存館には、地震によりあぜ道が右側に移動した、断層の様子が見て取れる。
 

保存館脇に隣接していた、民間住宅は断層が走っていたが、鉄筋コンクリートのため若干傾いたものの住むには支障のない状態で4年間、生活していた、という。当時、市役所職員だった宮本肇さんが150回通い続け、説得。震災遺構として保存されている。(写真は震災時を再現した台所)
 
気仙沼では、旧気仙沼向洋高校が遺構として保存され、2年後に公開予定です。
 

“復興凧”を発見、気仙沼にも日の出凧が有名ですよ。第30回記念の気仙沼天旗まつりは、遺構として保存される旧気仙沼向洋高校の北側で盛大に開催されます。
 

27日に、伊丹空港から帰路につきました。自宅着は午後9時過ぎでした。
 

2017年2月27日月曜日

JR盛岡駅イベントの開催!(協力)


 みなさま、こんにちは。次長です。ご無沙汰です。

 まもなく三月になります。早いですね。

 そして、大震災から六年が過ぎようとしております。

 さて、二月二十二日(水)に、JR盛岡駅でのイベントに参加してまいりました。

 この企画は、三陸沿岸の被災地の物産をPRしようと企画されたものです。

 

  大々的に、気仙沼のPRがされ、このようにホヤぼーやの顔出しパネルを準備

  しました。(岩手県民の認知度は抜群でした!)

  


また、ホヤぼーやグッズも多数販売されており、多くのお客様が購入していきました。

そして・・・・・・・・・・・・・・



 
 
ホヤぼーやの登場です。

当初は、盛岡で「ホヤぼーや」は・・・・どうかなと思いましたが、これが!凄い人気でした!

ちょっとビックリでした。

JR気仙沼駅は、盛岡支社管轄であります。現在、ポケモントレインも運行しております。

いままで、盛岡での観光PRはおこなっておりませんでした。(反省)

今後は、岩手県南を含めた「岩手県」との連携強化が必要と感じたイベントでした。

※ 今後の予定
    三月十九日  仙台海の杜水族館観光PRイベント
       〃     仙台駅観光キャンペーン

以上です。終わります。

2017年2月23日木曜日

ポケモンプレミアム?缶バッジ 今だけ種類豊富に発売中

こんにちは、駅前観光案内所佐藤です(^O^)/
ポケモンチャリティ缶バッジ(入荷したのでお知らせします)
なんと!今回はカウンター脇に飾ってある30種類よりキャラクターが多いのです(*´▽`*)
これまではチャリティ缶バッジが、お目当てのお客さまには、
種類はこれだけですと話していました。
それが今は「他の種類もありますよ」と、お見せしています。
種類は豊富ですが、それぞれの数は一個、二個と少ないものもあるので、
気になる方は、お早めにお越しくださいませ。
ポケモンの担当者の方の、お話によると、
もしかしたら、このチャリティ缶バッジは、そのうち無くなるかもしれないとのことです。
お気に入りは見つけたかな?
現在あるポケモンチャリティ缶バッチです。ゲットしてみてはいかがですか?
フシギダネその他
ハリマロンその他 
サンダースその他
エモンガその他
ヒノアラシその他
観光案内所の昔の若い女性は名前を言われても
わかりません( *´艸`)
番号で言ってね。





前回めずらしい花をつけたホンコンカポックの花がこのようになってます。

花が咲くのはまだまださきのようです。
花芽をつけて2か月・・・。
しろい皮のようなものからニョキニョキと花芽がでてきております。
咲くまでが長いとネットでは書いてありましたが、まさに遅いです。
これが珍しいといわれるゆえんなのでしょうか。
1月31日にあげたブログのホンコンです。
進歩ですね。
運気上昇まであとどれくらいかな楽しみ楽しみ





2017年2月19日日曜日

気仙沼の天旗が熱い!自分だけの凧を作って揚げよう!

2月26日(日)岩井崎塩づくり体験館にて
ば!ば!ば!の場!
岩井崎で自分だけの「日の出凧」を作ろう!
を開催いたします。

本番に先駆け、
気仙沼凧の会会長 加藤斉克さんのご指導の下、
ば!ば!ば!メンバーと一緒に
凧作り講習会に参加しました。
これで、スタッフも凧作りバッチリです。




当日は参加者全員から無地の凧に「ば」を書いていただき
連凧にして大空に揚げる予定です!
景勝地「岩井崎」に揚がる連凧は想像しただけでも壮観です。

また、今年5月には30回目を迎える「気仙沼天旗まつり」
節目に相応しい盛大なイベントになることでしょう!



是非、みなさんも「天旗まつり」にむけて
自分だけの凧を作れるようにイベントに参加しませんか?
みなさんのご参加をお待ちしています。(ちば)

ば!ば!ば!の場!
岩井崎で自分だけの「日の出凧」を作ろう!

 開催日  2017年2月26日(日)
 時間   9:30~12:00
 会場   岩井崎塩づくり体験館
      (気仙沼市波路上岩井崎3-2)
 募集人数 15名
 参加費  500円
 申込締切 2月24日(金)
 主催   ば!ば!ば!プロジェクト
 お申込み・問合せ 気仙沼観光コンベンション協会
           (TEL 0226-22-4560)

2017年2月14日火曜日

南町紫市場・復興屋台村気仙沼横丁

こんにちは!寒さも少しずつ緩んできたような気がする今日この頃。
今冬はついに水道管が破裂し、気仙沼の冬の洗礼を受けたつるかわです。
道路に水びしゃー―ってなってました(´◉◞౪◟◉)

さて、先日南町紫市場で行われたピクニックキャラバンに、ちょいのぞきワークショップとして参加してきました。
これは、美味しかった鶏さんです。
これは、おいしかった牡蠣さん皿貝さんです。

こちらが本命のワークショップの様子です。
プラ板に海のモチーフのはんこを押してブレスレットとリングを作るワークショップでした。
おかげさまで途切れることなくたくさんの方に参加していただきました(*^^*)


今年4月末で営業終了を迎える南町紫市場への感謝の気持ちを込めて行われたこのイベント。
ワークショップにあそび場に飲食ブースにステージと、寒いなかでもめいっぱい楽しめる催し満載でした。
 
NHK東北ニュースWEBでも取り上げられています。動画ありです。

 
わたしは前日に気仙沼の有名すし店気仙沼あさひ鮨さんに行ってきました。




手前のフカヒレ握りもいただいてきましたよ~!
どれもおいしかったです(*´▽*)
隣の席には栃木からのお客様もいらしてました。
あさひ鮨さんは紫市場終了後は南町新店舗での営業再開予定ですので
皆さまもぜひ行ってみてください(^^)/

 

そしてもう一つ、復興屋台村気仙沼横丁は今年の3月20日で営業終了です。

先日の土曜日に行こうとしたら、多くのお店が貸切や予約で満席などで入れませんでしたーー!!
週末に行かれる際にはご予約をおススメします('◇')

 横丁各店の店主さんからのご挨拶がこちらに載っています。
復興屋台村気仙沼横丁Facebookページ

 3月18日には閉村式が行われ、バスツアーも企画されています。
気仙沼横丁閉村式ツアー

 「気仙沼でどこに行ったらいいかな~?」観光のお客様に聞かれると、毎日のようにご紹介していた復興商店街さんがなくなるのはとてもさみしいです。
しかし、それは皆様にとって新たなスタートであり、素晴らしいものとなることを心から願います(*^^*)

今までありがとうございました!!そしてこれからも気仙沼の魅力を届ける場所として、どうぞよろしくお願いいたします!!
春がまもなくやってきますね。さらに街が色づき、賑わっていきますように……

 
春光や再出発の街の色

2017年2月9日木曜日

天旗まつりと岩井崎

皆さんこんにちは。
”元”企画員です。

以前は教育旅行等をメインでやっておりましたが、現在の仕事は
専ら「経理」。
「たまには外にでたいなぁ~」と思っていたところ、今日の天旗まつり
実行委員会は会場予定地でということで久しぶりのお出掛け(仕事)
にわくわく・・・。

天旗まつりは今年で記念の30回!!
以前は商港岸壁で毎年2月に行なわれていましたが、
東日本大震災により開催月が5月に変更され、場所もここ数年は
岩井崎で行なわれていました・・・が。



防潮堤の建設工事が始まり、安全確保や駐車場確保が難しくなり
場所の変更を余儀なくされました。
画像をご覧頂くと分かりますが、かなり高さのある防潮堤です。



代替予定地は


気仙沼向洋高校旧校舎の裏側(波路上漁港側)にある場所を
お借りすることになりました。
(関係者の皆様ありがとうございます)

これから会場レイアウトや駐車場の問題等クリアしていく課題は多く
ありますが、とりあえず一安心。



話は変わり、気仙沼向洋高校旧校舎といえば数日前の地元の新聞に
記事が載っていました。


気仙沼向洋高校旧校舎は全棟保存が決定し、南側校舎の内部を一般公開
して敷地内には岩井崎プロムナードセンター(仮称)を建設し、防災教育や
地域のコミュニティー形成に期待されています。

私は新聞を見て初めて知りましたが、内部を公開するにあたり建築基準法上
で厳しい規制があるとのこと。
そのために新しく条例を作りましょうという話になっているようです。

いずれにしても、見学に訪れた方々が安全に見学出来るようでなければ
だめですからね。


天旗まつりに気仙沼向洋高校旧校舎、そして三陸自動車道の階上インター
(仮称)が完成すれば気仙沼の観光にとって階上はキーポイントになって
きます。

これからは「階上が熱い!!」のではないでしょうか。