2017年1月18日水曜日

圧巻、つるし飾り展!

はっしーです。
1月15、16日に階上、地福寺本堂で「つるし飾り展」が開催されましたので行って来ました。



 

飾り物は、地福寺女性部「れんげの会」が作成し、飾ったものです。見た人が癒される丹精込めた作品ばかり。


作品は、童(わらべ)、まり、野菜、干支の鶏のほか、気仙沼市観光キャラクター「ホヤぼーや」もありました。



2011,3.11には、地福寺本堂が被災したり、かなり多くの檀家の方々が犠牲になりました。



本堂前には「祈りの広場」があり、今でも、多くの被災関係者や支援者が祈りを捧げています。


片山秀光住職が自ら描いた水墨画と、「めげない、にげない、くじけない」という言葉が身にしみます。
間もなく東日本大震災から6年を迎えます。心から犠牲者の冥福を祈ります。




2017年1月15日日曜日

嬉しいお手紙です。

こんにちは駅前案内所の佐藤です。
素敵な手紙が台湾より届いたのでご紹介させて頂きます。
台湾から気仙沼に旅行で来た「きみ」さん。
案内所に立ち寄り気仙沼話。
レンタサイクルにのり充実した一日を過ごされたようです。
又来てくれることを心よりお待ちしております。
彼が自分で撮った台湾の写真だそうです。
素敵な写真をありがとうございました。
切手も見たことがない「可愛い木の実」の切手ですね。
南国の実なんでしょうね。(美味しそう・・・)
案内所内です☆☆☆とにかく寒いです。
窓・ドアは結露で真っ白です。
今日は朝から寒くて案内所の温度もなかなか上がってくれません。
寒暖差がかなり激しいです。
健康管理には気を付けてくださいね。
インフルエンザも気仙沼は まだ猛威はふるってないようです。
気仙沼は雪はあまり降りませんが、寒い空っ風が吹きます。
暖かくしてお越しください。

気仙沼の旬は・・・・。
なんといってもワカメでしょう。
茹で立てシャキシャキ。そしてめかぶ。
ワカメのしゃぶしゃぶ~~すごい美味しいですよ。

港ではタラがあがってます。
白子もすごいおいしいです。
あ~鍋が食べたくなってきました。
タコも最高です。
やわらかいそして味が濃厚です。

寒い時期はとにかく海の物が美味しいです。
この時期にしか味わえない気仙沼に出会ってください。


2017年1月12日木曜日

黄金龍のハモニカ飯復活の兆し?


気仙沼は「メカジキ」の水揚げが日本一である。
そのメカジキの背びれの付け根の肉🍖
俗に言う「ハモニカ」を使い
2008年に気仙沼市の御弁当サプライヤー委員会が
世に生み出したのが「黄金龍のハモニカ飯」である。


気仙沼駅キオスクで販売されるなど、大人気の商品でしたが
東日本大震災を境に姿を消していました。
あの味を忘れられない!
復活して欲しい!と思うのは私だけではないのではないでしょうか?

その「黄金龍のハモニカ飯」がTV放送される!!
先日、サンドウィッチマンさんが気仙沼で取材し
1月29日16:00~TBC発JNN9局ネット
これが東北魂だ九州魂だ「駅弁で日本がつながる!」
で紹介されます。
http://www.tbc-sendai.co.jp/03tv/ekiben-revival-story/



また、1月17日(火)には
「ひょうご安全の日のつどい」(兵庫県神戸市中央区 HAT神戸)にて
限定100個で販売されます。



これを機に是非とも復活して欲しいものです。(ちば)

2017年1月4日水曜日

「けせんぬま復興ニュース」より。BRT新駅、大島架橋、三陸沿岸道路、魚市場、造船所


☆新年おめでとうございます☆

今年も「おひきな」のたくさん入った気仙沼のお雑煮と、餅のうえにあんこのかかったあんこもちをいただきましたつるかわです。
私の故郷では雑煮といえば具なしのすまし汁に炊いた黒豆を入れ、あんこもちといえば大福のように餅にあんこが包まれているものなので、新鮮です!

今年ももりもりいっぱい食べるぞー!!
本年もどうぞよろしくお願いいたします

さて、毎月1日と15日に市から発行される「けせんぬま復興ニュース」。
1月1日発行の170号に、観光にも関連のある記事が載っていたのでご紹介します(´◉◞◟◉)

 

1、BRT大船渡線に「八幡大橋(東陵高校)」新設

駅名/「八幡大橋(東陵高校)」
場所/【上り】ホーマック気仙沼店前
   【下り】ローソン東八幡前店
設置時期/平成29年4月1日(金)から

 


2、三陸沿岸道路
 三陸沿岸道路は仙台市から八戸市までを結ぶ延長約359kmの自動車専用道路で、市内では10か所のインターチェンジ(IC)が設置される予定です。

平成28年の主な出来事
①(仮)本吉IC―(仮)大谷IC間の開通予定時期が平成30年度内と示される
②(仮)気仙沼階上ICの設置が決定
③(仮)歌津北IC-(仮)卯名沢ICの開通予定時期が平成30年度内と示される
④(仮)卯名沢IC-(仮)本吉IC間の開通予定時期が平成32年度内と示される
三滝堂IC-志津川IC開通


仙台からのアクセスが早くよくなるといいですね。市内への早期開通が待たれます。



3、(仮称)気仙沼湾横断橋
 三陸沿岸道路の開通時期未定区間には(仮称)気仙沼湾横断架橋(約1,344m)が建設予定です。完成すれば、東北地方最大の斜張橋となり、復興のシンボルとなることが期待されます。
パンフレットあります 

 

4、大島架橋
 本土と大島をつなぐ356mのアーチ橋。現在、朝日ふ頭でアーチ部分の工事が行われています。平成29年3月にはアーチ部分を大きなクレーン船で釣り上げて海上を運搬し、橋脚部分へ設置する架設工事はが行われる予定です。平成30年度の完成を予定しており、離島の大島が本土とつながり、大島との交通が便利になると期待されています。
 

パンフレットあります。

 


大島架橋と気仙沼湾横断橋は海の市2階に模型と写真が展示されています。

 



5、高度衛生管理対応型魚市場
 総延長は854mで単一の魚市場としては日本有数の長さとなります。水揚げ見学スペースやクッキングスタジオを設置し、観光と水産の融合が具現化した魚市場となることが期待されます。

 
 

 


6、津波対応型造船施設
 市が地盤のかさ上げなどの造成を行った用地において、シップリフト方式の造船施設整備を民間事業者が行うものです。シップリフト方式の造船所としては国内3例目となります。平成28年10月に着工し31年初旬の稼働を目指し、朝日町地内で整備が進められています。

 


 多くの施設、交通網の整備が進んでいます。ということは今の気仙沼を見られるのは今だけということなのですね。当たり前のようですが……。
たくさんの方にとって住んでよし、訪れてよし、な街になることを願います。
変わりゆく気仙沼にぜひお越しください(^^)/
お待ちしています~(^^)/

新春や街の未来に光あり

 

 
 
 

2017年1月2日月曜日

新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。

昨年は、東日本大震災から5年が経ち、嵩上げした地区には水産工場や商店等が建ち、防災集団移転も徐々にではありますが進み、まちの再生が形になってきた年でした。災害公営住宅も着々と建設され、仮設住宅での厳しい暮らしから解放され、ホッとしている方も多いと思います。

今年は、観光戦略における最高意志決定機関の(仮称)気仙沼観光推進機構が立ち上がり、気仙沼商工会議所、気仙沼市、(一社) 気仙沼観光コンベンション協会等で構成するDMO(Destination Marketing /Management Organization)が機能を発揮する年になります。国が進めているインバウンドを含め、気仙沼らしさを活かした、オンリーワンに特化した誘客を強化しながら、まちの活性化の一翼を担いたいと思っています。

2,3年後には、大島架橋や三陸沿岸道が開通するのが明るい話題です。高速交通体系への対応が重要となります。関係者で知恵を出し合い、気仙沼が益々元気になるよう共に頑張りましょう。
                       
(一社)気仙沼観光コンベンション協会 役職員一同

2016年12月31日土曜日

2016 年、年末のご挨拶。


皆さま、こんにちは。次長です。

本日は、12月31日です。今年最後の勤務です。

今年も残すところあと、8時間50分となりました。

さて、皆さんにとりまして、2016年はどんな年でしたか?

ここで、私が選ぶ2016年、重大ニュースを3つに絞り、発表します。


第3位・・・
       「二年ぶり♡ジャイアントパンダの赤ちゃん誕生!(性別:メス)」


第2位・・・
       特になし。


そして・・・ 第1位は・・・・・
                  「無事、1年間を過ごせた事に感謝!」


であります。関係者の皆さまに改めて感謝を申し上げます。(特に、職場の仲間)

最後になりますが、感謝の意をこめて年末の書き納めを披露します。







来年の干支です。(プラ板で作成)                                   
    
では皆さん、よい年越しをお迎えください。

2016年12月27日火曜日

初めまして(^^)

11月から入りました、及川です☆こらから、よろしくお願いします!

クリスマスイベントも終わり、今年も終わりかと思うと淋しいですが。。。
海の市ではSORAさんのマジックショーが31日まで開催されてます!!
それと、、☆年末大抽選会☆  空くじなしのお楽しみ♪♪も、まだまだ行っております!
是非、海の市にお越しください~(^^)  (及川)